【Cocoon】で初心者が商品リンクを1分で貼る方法

ブログ
スポンサーリンク

今回は、アフィリエイトを行う上で絶対に必要な「商品リンク」の貼り方を紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめ

WordPressテーマ「Cocoon」で商品リンクを貼りたい方

商品リンクを使ったアフィリエイトを始めたい方

商品リンクとは

商品リンクとは、皆さんも見たことがあると思いますが、こちらになります。

こちらの商品リンクから閲覧者が購入することで、収益を得ることができます。

なんとCocoonには、簡単に商品リンクを貼る方法があるんです。

正直たくさんやり方があるのですが、

今回は自分が初心者向けに最速20分の初期設定でその後は1分でリンクを貼ることができるやり方を紹介します。

商品リンクの設定方法

①もしもアフィリエイトを登録

まず、もしもアフィリエイトに登録しましょう。

もしもは、Amazon,楽天,ヤフーショッピング等の
大手ECサイトのアフィリエイトを取り扱っています

しかも、比較的簡単にアフィリエイトの審査を通過することができます。

実は、直接Amazonのアフィリエイト審査をする場合、あのGoogleアドセンスよりも難易度が高いので、初心者の方でしたらもしもアフィリエイトを経由しないとほとんど審査を通過することはできないでしょう。

また、もしもアフィリエイトはcocoonと簡単につなげることができます
画像の通り、もしもアフィリエイト専用の入力欄が用意されています!

登録自体は完全無料なので、サクッと登録しちゃいましょう!

②もしも経由でECサイトのアフィリエイトを登録

先程ほども述べた通り、

もしも経由であれば、簡単に審査を通過することができます。

もしもの案件欄から「Amazon」「楽天」「ヤフーショッピング」を探し、申請を送りましょう。

※審査に時間がかかる場合があります。

審査が通過したら、次に進みます!

③Cocoonに専用a_idを入力

Amazon等の審査が通過すれば、広告リンクを作成できます。

赤枠線の広告リンク取得をクリック

赤部分にあるa_idをコピーする。

Cocoon管理場面→APIを開き、下部にあるもしも設定へ
「リンクをもしもアフィリエイト経由にする」にチェックする


Amazonの欄にAmazonのa_id(先ほどコピーしたもの)を入力

楽天やヤフーショッピングも先程のやり方と同様に、
もしもからコピーして入力する。

④ブックマークレットの設定

Cocoonの製作者の方は、

「楽天市場のサイトから自動で商品リンクのコードを生成する」

最強のツールを紹介してくださっています。

こちらの記事を参考にブックマークレットを設定してみてください!

Cocoon製作者のわいひらさんの記事になります!

⑤楽天市場から商品リンクをコピーする

楽天市場で記事に掲載したい商品を選び、商品ページに飛ぶ

その状態で先ほど設定したブックマークレットをクリックします。

そうすると、以下のようなコードが画面中央に出てくるので、コピーします。

⑥コピーしたコードを記事に張り付ける

先程コピーしたコードを記事に張り付けます

記事編集画面ではコードのままですが、

プレビューや投稿後には、しっかりとした商品リンクになっています。

追記:なぜAmazonではなく楽天なのか

商品リンクを貼る上で、Amazon楽天の2通りがあります。

しかし、Amazon
2019年1月29日のProduct Advertising API 利用ポリシーの変更によって、
めちゃくちゃ規制が厳しくなりました

簡単に言うと、30日間商品が買われないと収益化することができなくなりました
(厳密に言うと少し違いますが)

正直、初心者の方でしたらそもそも商品を買われること自体が稀だと思うので、

ほとんど収益化することができません。

一方、楽天はAmazonに比べて規制は緩いので、初心者の方は楽天一択だと思います。

まとめ

今回は、Wordpressテーマ「Cocoon」で簡単に商品リンクを貼る方法を紹介しました。

正直、Cocoonには商品リンクを貼る方法がたくさんあるのですが、

全て試した結果、ここで紹介したやり方が一番簡単であることが分かりました。

ぜひ、試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました