【一発】Illustratorでオブジェクトを整列する方法をまとめました

Illustrator
スポンサーリンク
<br>

  • イラストレーター(イラレ,Illustrator)で整ったデザインを作りたい
  • イラストレーターでオブジェクトを真ん中に整列させたい
  • イラストレーターで1つのオブジェクトに揃えて整列したい

本記事ではこんな悩みを解決します!

本記事の内容
  1. Illustratorで整ったデザインを作るために必要なスキルとは
  2. Illustratorでオブジェクトを整列する方法をパターン別にまとめました

このような記事を書いている僕は、Illustrator歴3年になります。

今までパソコンすら触ったことがなかった僕は、Illustratorをダウンロードして勉強することによって、月のバイト代を稼いでます。

このようにIllustratorをダウンロードすることで、スキルお金を手に入れた僕が解説していきます。

Illustratorで整ったデザインを作るために必要なスキルとは

突然ですが、皆さんはどちらのデザインを好みますか?

多くの方は左のデザインを選ぶと思います。

それは文字が中央に整列されていて、違和感を感じないからです。

逆に、右のデザインは文字が中央からズレていて、違和感を感じますね。

チラシやポスターを作るときにこのように文字がずれていた場合、どうでしょうか?

伝えたい内容よりも違和感が勝ってしまったら、伝えたい内容を100%伝えきることができなくなってしまいます

もちろん、あえて文字をズラして配置して目立たせるテクニックもありますが、どちらにせよ理由もなく文字をズラして配置する意味はありません。

このように、デザイン制作において文字の整列はとても重要な作業ということになります。

Illustratorでは様々な整列ができるように「整列パネル」というものがあります。

今回はその整列パネルの使い方について紹介していきます。

Illustratorでオブジェクトを整列する方法をパターン別にまとめました

整列パネルの説明

整列パネルでは以下のことができます!

①オブジェクトを整列する
→オブジェクトの整列では文字の中心や端を揃えることができます。

②オブジェクトの間隔を均等にする
→オブジェクトの間隔を均等にすることができます。

③オブジェクトの間隔を調節する
→オブジェクトの間隔を設定した幅でそろえることができます。
例)オブジェクトの間隔を○○cmでそろえる

このようにオブジェクトを配置する際に使う整列を行うことができます。

①整列パネルを出す

メニューバー→ウィンドウ→整列にチェックを入れ、整列パネルを出す。

②整列したいオブジェクトを複数選択する

整列したいオブジェクトを複数選択してください。

複数選択は選択ツールにしてshiftを押しながら選択するとたくさん選択できます。

1つのオブジェクトを基準にして整列させたい場合

複数選択した状態でshiftを押さずに基準のオブジェクトを選択します。

そうすると、画像のように基準にしたオブジェクトの外枠が太線に変わります。
※上の画像参照

③整列パネルを操作する

複数オブジェクトを選択した状態で、整列パネルを操作します。

画像ではオブジェクトの中心がそろうように赤枠の部分を操作しました。

また、画像では先程紹介した「1つのオブジェクトを基準にして整列」をしています。

ワンポイントアドバイス

先程まではオブジェクトを基準にして整列を行いましたが、アートボードに整列という機能もあります。

アートボードの中心に整列ができたり、アートボードの端に整列ができたりします。

整列パネルの右下にある部分を「アートボードに整列」に変更するとできます!

まとめ

整列はデザインを作る上で絶対に必要なスキルです。

「伝えたい情報を100%正しく伝えるために」「整ったデザインにするために」

理由は色々とあると思いますが、できないよりはできたほうがいいに決まっています。

できることの幅を広げて、よりデザイン性の高いデザインを作ってほしいと思います!

また、少し先の話にはなりますが、Illustratorでお金を稼ぐノウハウをまとめているので、気になる方はこちらからご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました