【Illustrator】の機能を引き出す【最新】ペンタブまとめ

Illustrator
スポンサーリンク

Illustratorを使うとき、実際にペンで書いたようなイラストを使いたい時ってありませんか?

マウスやタッチパネルでは、正直に言うと限界があります。

今回は、そんな方におすすめのペンタブレットを紹介します!

この記事はこんな方におすすめ

Illustratorで実際に自分の手で描いているようなイラストを作り方

Illustratorに最適なペンタブを知りたい方

ペンタブを買いたいけど、どういうものを買いたいか分からない方

マウス操作には限界がある!

デザイナーの必需品

Illustratorでは整ったデザインを描くのはマウスなどで簡単にすることができます。

しかし、実際のデザイナーさんが描くデザインは整ったものが全てではありません。

時には、少し変わったデザインが必要になる場面すらあります。

そんな時、マウス操作だけでは対応することが難しいです。

ペンツールというものがありますが、ペンとは言っても実際に書くわけではないので、滑らかな曲線を描くことはかなり難しいです。

そんな時、頼りになるのがこちらのペンタブレット。

ペンタブレットとは

ペンタブとは、「実際にタブレットでイラストを描けるもの」です。

もっと詳しく説明すると

(パソコン画面のカーソルと連動している)ペンと(パソコン画面と連動させた)タブレットのことです。

これを使うと、パソコン画面に手書きのようなデザインを描くことができます!

実際に、デザインを仕事にしているプロの方々はほとんど使用してます。

ペンタブレットの種類

まず、ペンタブレットには2つの種類が存在します。

その種類から紹介したいと思います。

ペンタブ(板タブ)

こちらは、パソコン上に移る場面を見ながら、手元のタブレットに専用ペンで入力するものです。

そのため、ペンタブ上に映像が映るわけではありません

ペンタブもしくは板タブと呼ばれています。

基本的には、PCモニターを見ながらイラストを描きます。

タブレットは、パソコンの場面と連動しています。

そのため、パソコンの場面サイズとペンタブのサイズ比率が違うと少し使いずらさはあります。

液タブ

こちらは、タブレット上に移る液晶画面を見ながら、専用ペンでイラストを描くことができるものです。

晶場面付きタブレットなので、液タブと呼ばれています。

こちらの方が、手元を見ながらイラストを描くことができるので描きやすく、初心者向けではあります。

ただ、値段がペンタブよりも張るので悩みどころ。

これを買うべき!!タブレット別おすすめ

INSPIROY H950P

これを一言で表すとコスパ最強

Wacom Intous Small

Wacom Cintiq Pro

本来Wacom製品は10万を平気で超えるものがほとんどなのですが、こちらの製品は10万を切る価格となっています。

性能を落とさず、値段を下げることに成功したコスパ最強の製品となっています。

最後に

今回はペンタブについてやオススメ商品を紹介しました。

ペンタブを1台持つことでデザインの幅が一気に広がります!

趣味や仕事にいかがですか??

ペンタブを買ったらこちら

こちらは、自分で描いたイラストを販売することができるサービスです。

ペンタブが届くまでにこちらを登録して、ガッツリと稼ぐ準備をしましょ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました