Illustratorでのいろいろな図形の作り方を徹底紹介!

Illustrator
スポンサーリンク

今回は、Illustratorで基本的な図形の作り方を説明していきます。

まず、初めにIllustratorの強味ってご存知ですか?

ここでいう強味っていうのは、

Photoshopと比べてという意味です。

Photoshopは、

写真をきれいに写すができるソフトです。

逆に、Illustrator

図形だったり文字だったり、

オブジェクトの境界線がはっきりしているものを
きれいに写す
ことができるソフトです。

理由は、また別の記事で説明します!

そんなIllustratorの強みである

図形を作るやり方」

を今回は説明させていただきます!

図形ツールとは

図形ツールとは、

Illustrator内にもともと備わっている機能です。

Illustratorのツール一覧の中にあるこちらが

図形ツールになります。

図形ツールでは、様々な基本図形を作ることができます。

  • 楕円形/正円形
  • 長方形/正方形
  • 多角形      などなど

他にも様々な図形を作ることができます。

今回はそんな基本図形の作り方を紹介していきます!

図形別作り方

それでは、図形別に作り方を紹介していきます!

その前に、図形ツールの切り替えのやり方を説明します!

図形ツールを選択し、

長押しをすると画像のようなものが出てきます!

ここで、自分の好きな図形ツールを選択できます!

それでは、図形別の作り方へどうぞ!

楕円形/正円形

楕円形と正円形は作り方がほとんど一緒なんです。

そのため、一緒にまとめて説明します!

楕円形/正円形を作るには、

こちらの楕円形ツールを使用します。

楕円形

楕円形ツールを選択した後に、

アートボード上でドラッグをします。

マウスボタンを離すまでは、

好きなように図形の大きさを変更できます。

逆に、マウスボタンを離すと

図形の大きさが確定してしまいます。

正円形(円形)

楕円形ツールでドラッグ中にshiftを押しながら

マウスボタンを離すと正円形を作ることができます。

長方形/正方形

楕円形と正円形の作り方がほとんど一緒だったように、

長方形と正方形の作り方もほとんど一緒なんです。

長方形/正方形を作るには、

こちらの長方形ツールを使用します。

長方形

長方形ツールを選択した後に、

アートボード上でドラッグをします。

マウスボタンを離すまでは、

好きなように図形の大きさを変更できます。

逆に、マウスボタンを離すと

図形の大きさが確定してしまいます。

正方形

長方形ツールでドラッグ中にshiftを押しながら

マウスボタンを離すと正方形を作ることができます。

多角形

多角形の作り方が少し違います

多角形を作るには、

多角形ツールを使用します。

多角形はshiftを押さなくても正多角形になります。

また、多角形ツールで、

ドラッグ中に↓ボタン↑ボタンを押すことで、

多角形の角の数を決めることができます!

ちなみに、三角形以下にすることはできません。

星形

星形の作り方は、多角形と似ています。

星を作るには、

スターツールを使います。

多角形と同じように、

ドラッグ中に↑ボタンや↓ボタンを押すことで、

星のとんがりの数を決めることができます!

まとめ

以上今回は、基本的な図形の作り方を紹介しました!

ここで説明した操作は基本中の基本なので、

使えるように練習してみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました